不貞行為の証拠を掴むには

不貞行為、不倫の証拠を裁判で認めてもらうために

不倫や不貞行為を確認したうえで慰謝料の請求、そして離婚まで考えている場合証拠を集めるのは非常に難しいです。というのも相手が浮気を認めていても裁判のときに浮気はしていないと言ったら裁判上では浮気はなかったことになります。

 

その時に不貞行為を立証するために証拠を提出する必要があるのですが一緒にいるところを撮った写真やメールのやり取りでは証拠として認めてもらえません。証拠として認められるのは撮影日時が入っていて連続性がある写真などをまとめておき二人がラブホテルに入るところをきちんと抑える必要があります。

 

このような証拠を素人1人で手に入れることは可能でしょうか?正直に言えば無理でしょう。相手に浮気を認めさせるだけであれば自分1人でも可能かも知れません。ですが離婚を考えているうえで慰謝料の請求となると相手側が裁判で不貞行為を認めないという場合もあります。ですからそこまで考えている方は裁判でもきちんと不貞行為を認めてもらえるような証拠集めをするために興信所や探偵事務所などに浮気調査、不倫調査の依頼をする必要があります。

 

また慰謝料を請求するという場合ではなく夫側が妻の浮気を掴んで親権を手に入れる場合でもこういった事前の証拠集めは必ず必要になってきます。男親が親権を手に入れるというのはかなり難しいですが過去の事例で妻が浮気をしていたことを突き止めその結果親権を手にすることができた事例も実際にあります


不貞行為の証拠を掴むのはかなり難しい記事一覧

配偶者やパートナーが不倫をしていると発覚したとき頭に血が上り冷静な判断ができなく...

まず先にお伝えしておきたいのは自分で不倫調査、浮気調査をしても裁判で認められるよ...

人は思っているほど自意識過剰ではありません。普通に考えたら1週間も尾行をされたり...

興信所と探偵事務所についてですがどちらも共通するのは調査をすることです。現在では...

浮気調査を行うということが必ずしも幸せに繋がるとは限らないということをまずはじめ...